粉瘤・アテロームの手術症例(あご・30代男性・2016/10/6)

あごにできた粉瘤の症例をご紹介いたします。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

粉瘤は表皮腫瘍の一種で、自然治癒はしません

先日、当院へ受診された患者様の症例を紹介いたします。

30代男性、あごにできたニキビがなかなか治らないとご相談にいらっしゃいました。

粉瘤・アテロームの手術症例(あご・30代男性・2016106)1

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

確かに写真ではニキビに見えてしまいます。

当院では画像診断なども用い、そのできものが粉瘤かどうかを客観的に判断いたします。

※詳しくはこちら:アイシークリニックとは

粉瘤とニキビの違いについて

粉瘤でお悩みの方で「最初はニキビかと思った」と話される方が多くいらっしゃいます。

自覚症状の多くは、皮膚にしこりのようなものが触れるという症状です。

粉瘤は皮膚の下にある、嚢胞に老廃物がたまることで起こります。

詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

ニキビのように自然に治癒することはないので、手術で摘出することが必要なのです。

粉瘤治療はアイシークリニックへ

繰り返しになりますが、粉瘤は基本的には自然に治らないうえ、次第に大きくなってしまう場合もありうるので、早めの受診をおすすめいたします。

なかなか治らないニキビやおできがある方は当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くりぬき法による傷痕の最小化を目指す粉瘤手術

当院では、可能な限り傷跡を最小限にするため、「くりぬき法」という方法で粉瘤を摘出していきます。

この「くりぬき法」は皮膚の切開範囲を従来よりも小さくできるため、傷痕を目立ちにくくする手術を目指すことができます。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

粉瘤・アテロームの手術症例(あご・30代男性・2016106)2

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

写真は緑色の器具「トレパン」を用いて切開している様子です。

なお、注射の痛みについてですが、当院では極細の注射針を用いる・局所麻酔を行うなどの工夫により、痛みを感じにくい手術を目指しています。

粉瘤というのは手術的にお取りするものなので、残念ながら全く傷痕が残らないということはありえませんが、可能な限り傷痕を目立ちにくくすることを目指しています。

※その他顔まわりの症例について詳しくはこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

くり抜き法での粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、チーム体制で皮膚治療を行っております。

また、患者様のご負担を考慮し、手術中の痛みの軽減を目指しており、術後の傷跡にも細心の注意を払い治療を行うようにしております。

ご不安に感じる部分は医師が丁寧に説明いたしますので、粉瘤や脂肪腫など皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

監修者

  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 東京大学医学部附属病院勤務を経て、2014年10月〜当院治療責任者

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

アイシークリニック
診療予約・お問い合わせ

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き


カテゴリーから症例紹介を探す

関連する粉瘤の他の手術症例



お電話での
予約はこちらから
トップへ戻る