粉瘤・アテロームの手術症例(もみあげ・20代女性・2016/10/6)

もみあげ付近の粉瘤手術についてご紹介します。

画像を交えて紹介いたしますので、「粉瘤かも」と悩んでいる方にとってイメージしやすい内容になっているかと思います。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

もみあげ付近にできてしまった粉瘤

今回、粉瘤治療をご希望されたのは20代女性の患者様。

「粉瘤」とは、皮膚の下にある皮下という組織に何かの原因により袋状の嚢腫ができた状態のこと。そこに角質や脂が蓄積していくことで粉瘤は少しずつ大きくなっていくのです。

※ご参考:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・20代女性・2016106)1

粉瘤は自然治癒せず、手術での摘出が必要です。

特に気になるからといって無理に潰したりすると、最近が入り込み感染をまねき、炎症を起こして痛みを伴う危険性があります。

そのままにしておくと、次第に大きくなり炎症を起こしたりすることもあるため、気が付いたら早めの受診をお勧めします。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による粉瘤手術

当院では、「くり抜き法」という、患者様への負担が少なく、手術跡も綺麗に仕上がる手術方法を採用しております。

「くり抜き法」の粉瘤手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※参考記事:粉瘤(アテローム)手術について

極細の針を使用することで、痛くない局所麻酔を実現

摘出する部位をマーキングし、手術を開始。

まずは局所麻酔を行います。

極細の麻酔針を使用しておりますので、痛みがわずかなことが当院の特徴です。

局所麻酔が効いていることを確認してから次の工程に進みます。

トレパンを用いて、丁寧に粉瘤を摘出

下の写真にある「トレバン」という特殊な緑色の器具を用いて粉瘤に円形の穴を開けます。

傷跡が小さく済むため、顔など術後が気になる部位でも安心して受けていただけます

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・20代女性・2016106)2

穴を開けると中の粉瘤が出てきますので手やピンセットを用いて全て取り出します。

粉瘤は全てを摘出しないと再発しやすい皮膚良性腫瘍です

そのため丁寧かつ的確に治療を行い再発予防に努めています。

粉瘤・アテロームの手術症例(顔・20代女性・2016106)3

術後の流れ

粉瘤摘出後は、ガーゼを当てて終了となります。

なお、手術当日もシャワーは可能です。
傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立ててやさしく洗ってください。

1週間もすると赤みは次第に消え、数週間〜数ヶ月の流れで傷跡は全く目立たなくなります。

特に女性の方から「治療前は不安だったけど、傷跡が目立たず本当によかった」などの声をたくさんいただき私どももうれしい限りです。

※豊富な顔周りの症例についてこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では粉瘤をはじめ、様々な皮膚に関する治療をおこなっております。

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤でお困りの方は是非ご相談ください。スタッフ一同お待ちしています。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る