粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・2016/10/1)

頬にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

顔の目立つ部分にできた粉瘤

30代の男性患者様。

顎の下あたりにぽっこりとしこりができとても気になりご来院されました。

かなり大きくなってきており、赤く炎症を起こし始めています。(※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・2016101)1

粉瘤は自然治癒することのない良性腫瘍です。発症したら最後、手術により摘出する必要があります。(※ご参考:粉瘤(アテローム)の治療法

アイシークリニックでは日本形成外科学会専門医も在籍しており、総合病院・大学病院との連携も充実しております。(※ご参考:アイシークリニックとは

炎症を起こした粉瘤も、アイシークリニック新宿院へ

炎症が起きているからすぐ手術できない」と抗生物質を処方するクリニックもありますが、当院では炎症をおこした粉瘤でも当日日帰り手術を行なっています(※医師の診断による)

「すぐに手術してほしい」という患者様のご要望にもお答えいたしますので、粉瘤にお困りの方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法を用いた負担の少ない粉瘤手術

粉瘤・アテロームの治療方法には切開法とくり抜き法があります。

症状に合わせて治療法を決めていきますが、くり抜き法は傷跡も小さくきれいに仕上がるためお顔のような外観が気になる部分などにはとても適しています。

※くり抜き法と切開法の違いについて詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

今回の患者様はくりぬき法による手術を行いました。

手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

手術は局所麻酔で行います。そのため手術中も痛みを全く感じることはありません。

下の写真はトレパンと呼ばれる円形のメスで粉瘤のある皮膚の上部をくり抜いている様子です。

粉瘤・アテロームの手術症例(頰部・30代男性・2016101)2

トレパンを引き抜くと粉瘤が出てきますので、取り残しのないようにピンセットで粉瘤を摘出し終了です。

傷跡も、ピンセットの先が入る程度と、とても小さく済んでいます。

くり抜き法は目立たない傷跡としても患者様から大変ご好評いただいております。

傷跡も小さく縫合の必要もないため、ガーゼを当てて手術は終了となります。

術後は1週間をめどに再度ご来院いただき、傷の経過を確認いたします。

傷跡は2〜4週間をかけて綺麗に治っていきます。

※その他顔まわりの豊富な症例はこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

デリケートな部位の粉瘤手術はアイシークリニック

アイシークリニックは新宿駅より徒歩3分の場所にあるためアクセスの良さからも多くの方にご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る