粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016/3/30)

耳付近にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

耳のしこり、実は粉瘤かも

30代男性。耳にしこりのようなものが見つかり、当院へ受診されました。

診察したところ粉瘤に間違いありませんでした。

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)1

ニキビと間違えやすい、粉瘤

耳のしこりにはいくつか可能性が考えられます。

とくに顔ということもあり、ニキビと間違えやすくなっています。
しかしニキビと違って粉瘤はほうっておくと巨大化し、炎症を起こすこともあるため危険です。

決して自己診断でニキビと決めつけず、病院で診てもらいましょう。
粉瘤は最初はしこりを感じる程度なので放置されがちなのですが、実は放置状態が続くと炎症を起こしてしまいます。

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤治療ならアイシークリニックへ

アイシークリニックでは日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っています。

また完全予約制となっていて、即日手術も対応しているため、受診から治療までスムーズにご案内できます。

気になる症状がある方は、まず一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

耳の粉瘤手術

早期治療をお勧めしたところ男性はすぐに手術をご希望されました。

アイシークリニックではくり抜き法による手術を行っているため、たとえ顔などの気になる部分であっても傷跡を目立たなくすることができます。

手術の流れは下記のとおりです。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

粉瘤(アテローム)手術について

まずは手術部位をマーキングしていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)2

局所麻酔で痛みをなくします。

麻酔を注射するときも、極細の針を使っているため痛みをほとんど感じません。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)3

次に麻酔が効いたことを確認し、手術を開始します。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)4

専用のトレパンという器具を使用します。

患部を直接器具を使用し、くり抜いていきます。

皮膚内部には血管、神経、筋肉組織があるため慎重に手術をすすめていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)5

取り残しがないか丁寧に確認していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)6

摘出した粉瘤です。

粉瘤・アテロームの手術症例(耳裏・30代男性・2016330)7

手術後は写真のように穴のような傷跡が残りますが、これも次第に目立たなくなります。

耳の粉瘤治療はアイシークリニック

今回の粉瘤はまだ肥大化も炎症も始まっていなかったため、比較的簡単に手術することができました。

ただ耳の粉瘤は放置されやすいのも事実。
くれぐれも自分でつぶすようなことはせず、状態が悪化する前に医療機関を受診ください。

アイシークリニックでは多くの症例を治療してきた医師達が丁寧に診察、ご説明しています。

大きな病院との医療連携も行っているので、当院では扱えないものもすぐにご案内することができます。(※ご参考:大学病院・総合病院との連携

粉瘤治療をご希望の方は是非一度当院へご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る