粉瘤・アテロームの手術症例(あご・30代女性・2016/2/28)

あご付近にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

あごにできた黒ずみのある粉瘤

30代女性。

あごにできた粉瘤でお悩みとのことでご来院されました。

粉瘤(アテローム)について

見た目でもわかるくらい、盛り上がり、中央部分が少し黒ずんで見えます。

※黒ずみのある粉瘤症例はこちら:黒ずみのある粉瘤の症例紹介【画像あり】

粉瘤治療はアイシークリニック

患者様の負担を出来る限り減らし、傷痕がなるべく目立たないように、患者様の状態に応じて最善の選択を取らせていただいております。

完全予約制でスムーズな治療を行えますので、気になる症状のある方はぜひ一度当院にご相談いただきたく思います。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

黒ずみのあるあごの粉瘤を治療

くり抜き法のメリット

アイシークリニックでは、くり抜き法という粉瘤治療法を行っております。

これは、小さな穴を開け、そこから粉瘤を取り除くという方法です。

この方法ですと、最小限の傷痕で済むため、傷あともあまり目立ちません。

粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の流れ

まず、部分麻酔を行います。

当院では、極細の針を使用しているため、最小限の痛みしか感じません。

患者様の負担を減らすことを当院では追求していますので、注射が苦手な方もどうぞご安心ください。

くり抜き法には、トレパンという特殊な器具を使用します。

円筒状のメスのようなものです。

粉瘤のある皮膚に差し込み、小さな穴を開けます。

トレパンを引き抜いた後の様子です。小さな穴が開きました。

まずは手で粉瘤を絞り出します。

手で絞り出せない粉瘤は、ピンセットを使用して、取り残しのないように丁寧に取り出します。

くり抜き法で術後の傷あとに配慮

全ての粉瘤を取り除いた後の様子です。

手術前の盛り上がりはすっかりなくなり、きれいな状態です。

ガーゼを当てて手術は終了です。

術後は、自然とカサブタが取れたら、傷あともどんどん目立たなくなっていきます。

手術にかかった時間は15分ほどと、切開法に比べて短時間で終わりました。

※その他顔まわりの症例について詳しくはこちら:顔にできた粉瘤手術【症例画像】

黒ずみのある粉瘤の治療はアイシークリニック

アイシークリニックでは、美しい仕上がりとなるよう日々工夫を凝らしております。

粉瘤は身体のいたるところにでき、人目に付くお顔などの場所にできる症例も大変多いです。

患者様の負担となる傷あとを少しでも軽減することができるよう、技術を磨くことを怠りません。

皮膚やその他身体のお悩みがございましたら、まず当院の医師にご相談ください。

丁寧な診察と確かな技術を皆さまにご提供させていただきます。

皆さまのご来院を当院のスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る