粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016/11/22)

胸部にできた粉瘤の手術治療(くりぬき法)をご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

胸にできた粉瘤

ほくろのようにも見えるが……

今回は30代の男性患者様の治療を担当いたしました。

はじめはできものかと思っていたようですが、一向に治らないことに不安を覚え受診されました。

患者様の場合、かなりぽっこりと大きく膨らんでいました。

黒ずみも見られ、一見するとほくろのようにも見えます。

診断結果は、粉瘤でした。

粉瘤(アテローム)について

粉瘤とほくろの違い

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・20161122)1

粉瘤の放置は百害あって一利なし

粉瘤は一般的なできものと違い、放置していても治ることはありません。

良性の皮膚腫瘍ですが、放っておくと大きくなっていきます。

粉瘤(アテローム)とは

さらに放置が続くと、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。

炎症性(化膿性)粉瘤とは

気になる症状がある場合はお早めに受診されることをお勧めします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

アイシークリニックの胸の粉瘤治療

くり抜き法で手術を行う

はじめに局所麻酔を行ってから手術に入ります。

極細の針を使用しておりますので、顔や耳など麻酔に不安を感じるような部位でも安心して受けていただけます。

もちろん手術中の痛みもほとんどありません。

手術はトレパンという特殊な器具を用いた「くり抜き法」で行いました。

傷跡も小さく目立たないとうメリットがあり、特に顔や首など外観の気になる部分にも最適です。

傷あとも目立たない手術法

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・20161122)2

写真は術後のものです。

黒ずみのあった粉瘤は消え、ピンセットの先が入る程度の小さなものになっていることがわかると思います。

縫合の必要はなくガーゼを当てて手術は終了となります。

手術当日~翌日までは、なるべく患部を濡らさないようにしてください。

術後2〜4週間程度で傷跡もきれいになっていきます。

※あわせてご覧ください:胸にできた粉瘤手術【症例画像】

ほくろのような胸の粉瘤ならアイシークリニック

アイシークリニックの医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

ほくろだと思っているそのできもの、粉瘤かもしれません。

粉瘤は状態が悪化する前の早期発見・早期治療が大切です。

自己診断は控え、まず一度専門医にご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る