粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代男性・2016/11/5)

今回は胸部にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

画像を交えて、ご来院〜手術内容〜術後のケアまでを分かりやすく紹介いたします。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

胸部にできたおできのような粉瘤

40代男性の患者様です。胸部に突然できたおできのようなものが気になりご来院されました。

なかなか治らないためただのおできではないかもしれないと思ったそうです。

診察の結果は「粉瘤」。

患者様の鋭い洞察と迅速な判断により、あまり大きくなってはいなかったため簡単に治療をすることができました。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代男性・2016115)1

粉瘤は自然治癒しない

粉瘤は見た目から今回のようにおできニキビと勘違いをする方が多くいらっしゃいます。

しかし粉瘤は自然に治るものではありません。

手術で摘出しない限り治らないため、炎症を起こす前に治療をしてしまいましょう。

炎症性粉瘤とは?

炎症が進むと炎症性粉瘤に発展します。

粉瘤が赤みを帯びて痛みを伴うので、日常生活に支障が出始め、大体の患者様がこの時点でご来院になります。

早期発見、治療が必要になります。

粉瘤手術はアイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

胸部の粉瘤は日帰り手術!

当院では粉瘤・アテロームの治療は日帰り手術で行っております。

症状によっては診断初日に即手術が可能です。

手術自体は15分程度で済むことがほとんどです。

粉瘤のサイズ・部位を特定し、的確に摘出していきます。

胸部粉瘤手術は傷痕も最小化

極細の針を使用で痛くない局所麻酔

粉瘤手術においては局所麻酔をします。

注射に苦手意識のある患者様が大勢いらっしゃいますが、どうぞご安心ください。
アイシークリニックでは極細の針を使用しているため、注射も最小限の痛みにとどめることが可能です。

麻酔は、ほんの数十秒で効いてきますので、その間お待たせすることはなく、スムーズに作業が進められていきます。

患者様の負担を軽減する「くり抜き法」

当院では「くりぬき法」で粉瘤を摘出しています。

粉瘤(表皮腫瘍・表皮嚢腫)はサイズにもよりますがくりぬき法で摘出が可能です。

切開をしないため傷が小さくすみ、短期間で治癒します。

トレパンという特殊な器具を用いて行います。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代男性・2016115)2

粉瘤(アテローム)の治療法に関して詳しくはこちら

術後1週間で再度ご来院いただき、状態確認

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

2〜4週間も経てば、穴が開いている部分はカサブタで覆われます。

その後は、過度な刺激を与えないようにしてお過ごしいただき、カサブタが取れれば、どんどん綺麗な状態へ治っていきます。

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る