粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代女性・2016/11/4)

胸部の粉瘤・手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

胸にできた粉瘤の症例紹介

胸にできた小さなしこり

40代女性の患者様です。

胸部に小さなしこりができ、治らないとご来院されました。

痛みもかゆみなどもなく、ただしこりがあるだけだったようですが、治る気配がなく心配になったそうです。

診察させていただいたところ、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代女性・2016114)1

粉瘤とは

粉瘤は垢や老廃物が溜まってできた良性腫瘍で、自然に治ることは治りません。

手術により摘出する方法が有効な治療法となります。

粉瘤(アテローム)の治療法

大きくなってしまうと、手術の際の傷跡も大きくなってしまうため、特に顔や首などにできた場合は早めの受診が大切となります。

※あわせてご覧ください:粉瘤(アテローム)について

粉瘤治療ならアイシークリニック

患者様は手術後の傷跡をとても心配されておりました。

なかなか身体にメスを入れる機会もないため不安に思う方はたくさんいらっしゃると思います。

当院では粉瘤の手術を重点的に行っておりますので、実績と経験がございます。

今回の患者様には手術の実績や、手術後の状態をご説明させていただき、同意いただくことができました。

患者様がご納得されるまで説明いたしますので、気になる症状がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

アイシークリニックの粉瘤手術

くり抜き法による日帰り手術

アイシークリニックでは日帰りで手術が可能です

くり抜き法という方法で摘出治療を行います。

切開法に比べ、患者様の負担も少なく、創部も小さくきれいに仕上がるというメリットがあります。

詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

手術の際は、局所麻酔を行います。

手術中は麻酔が効いているため痛みを感じることはあまりありません。

トレパンという専用の器具を用いて切開し、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代女性・2016114)2

くり抜き法の術後

下はくり抜き法で粉瘤を摘出した直後の写真です。

ピンセットを用い取り残しがないかどうか入念にチェックいたします。

傷口がピンセットが入る程度で済んでいるのがわかるかと思います。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・40代女性・2016114)3

ガーゼを当てて手術は終了です。

術後1週間をめどに再度ご来院いただき経過をチェックいたします。

※その他胸にできた粉瘤症例はこちら:胸にできた粉瘤手術【症例画像】

胸の粉瘤の手術ならアイシークリニック

新宿院は新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くの患者さまにご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は、ぜひ当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る