粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016/3/21)

胸にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

気になっていたがなかなか受診できずにいた粉瘤

30代男性。胸のあたりにできた粉瘤でお悩みとのことでご来院されました。

見た目ではふくらみがなく気づきづらいところですが、触ってみるとしこりのようなものが感じられます。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016321)1

まず、麻酔注射を行います。

アイシークリニック新宿院では、極細の針を使用しているため、注入時の痛みはほとんど感じられません。

そして、麻酔はすぐに効いてきますので、チクッとした痛みのこともすぐに忘れてしまうくらいです。しっかり麻酔が効いてることを患者様と入念に確認させていただいてから、次の工程へと進みます。

最小限の傷口で済むくり抜き法を用いた粉瘤手術

トレバンという、円筒状のメスのような特殊な器具を使用します。

この器具での粉瘤治療ができるクリニックはほとんどございません。この方法ですと、最小限の傷痕で済み、見た目の仕上がりも大変綺麗です。

当院では、患者様にご満足をいただける結果となるよう、この粉瘤治療法に全力投球しております。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016321)2

トレバンを引き抜くと、粉瘤が出てきました。手で丁寧に絞り出していきます。

全ての粉瘤を取り除くと、下の写真のような状態となります。のこったものは小さな穴だけで、大きな出血もほとんどありません。

最後にワセリンを塗り、防水シートを貼って、手術は終了となります。

手術後は・・・

手術後は、4・5日くらいは防水シートを貼ったままの状態を保っていただき、その後は、はがしていただいて構いません。

そして、傷口を清潔に保つため、泡立てた石鹸で丁寧にやさしく洗ってください。強くこすったりして刺激を与えないようにご注意ください。

それから数日後にはカサブタができ、自然と剥がれ落ちます。そのような状態となれば、あとはどんどん綺麗な状態へと治っていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(胸部・30代男性・2016321)3

粉瘤は、身体のどこでもできる可能性があります。皮膚に少しでも異常を感じた場合は、放置せずに早急にクリニックを受診されることをお勧めいたします。

進行してしまうと、それだけ、リスクを伴い、患者様の負担が大きくなりお辛い思いをされると思います。

早く治療をしたほうが、術後の治りも良く、よりきれいな仕上がりとなります。

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る