粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・2016/11/15)

背中の中央にできた粉瘤の手術について画像を交えてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

背中にできた粉瘤は見つけにくい!

20代男性患者様。

粉瘤がいつからできていたのか全く分からないとのことでした。
気がついたら、大きめのしこりになっていたそうです。

ニキビというには大きすぎると感じ、すぐに近くの皮膚科へ。
結果、粉瘤と診断を受けたということでした

手術は違う病院でと言われたため、インターネットで探していたところ、当院のHPをご覧いただいたそうです。

※参考記事:粉瘤治療の診療科は皮膚科と形成外科のどちらにすべき?

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・20161115)1

粉瘤は自然には治癒せず、放置しておくと炎症を起こします。

また、一度できてしまうと、手術で摘出しか根治治療はありません。

したがって、気が付いた段階での早期治療が大切な疾患です。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

気になる症状がある場合は早急な受診をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による手術で、術後の傷痕もきれいに

粉瘤は表皮嚢腫・アテロームともいいます。良性の表皮腫瘍の一つです。

「くりぬき法」といって切開せずに摘出する方法で、日帰り手術をおこなっております。

この患者様の場合も、くりぬき法で手術を行いました。

くり抜き法の手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ詳しく見ていきます。

極細の針を用いた、痛くない局所麻酔

まず、局所麻酔を行います。

極細の針を用いた局所麻酔で行いますので、痛みも最小限です。

麻酔がきちんと効いていることを確認して、手術に入ります。

短時間で痛みの少ない粉瘤手術

トレバンという器具を使い、患部に差し込み穴を開けます。なかなか細かい技術を要する手術です。

トレバンを引き抜き、手で絞り出すと粉瘤が出てきました。丁寧に取り除きます。

特に粉瘤は取り残しがあると再発する危険性がありますので、ピンセットを使って細かい粉瘤を取り除きます。

今回の傷口は大変小さくすることができたので、縫い合わせる必要はありませんでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・20161115)2

術後の傷跡は最小限に

縫合しないため、ガーゼを当てて終了となります。

また手術当日からシャワーは可能です。
傷口を清潔に保つために、石鹸を泡立てて、やさしく洗ってください。

手術後2〜4週間ほどで傷跡も目立たなくなります。

患者様からお喜びの言葉をいただき私共も大変嬉しく思います。

※豊富な背中周りの症例についてはこちら:背中にできた粉瘤手術の症例一覧

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院は東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

職場が新宿という方以外にもアクセスのしやすさからその結果、、東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。
また先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る