粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・2016/11/7)

背中にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

大きい背中の粉瘤の症例紹介

大きくなった粉瘤を発見

今回ご来院されたのは、30代男性。

気が付くと、背中に盛り上がったしこりのようなものができていたということでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・2016117)1

粉瘤は放置すると大きいサイズに

ニキビと間違われることも多い粉瘤。

しかしニキビと違って自然に治ることはありません。

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は放置してしまうと次第に大きくなっていくのです。

大きくなって炎症を起こした粉瘤のことを炎症性粉瘤と呼びます。

肥大化した炎症性粉瘤は痛みやにおいを伴うことがあります

炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤は気が付いた段階で早めに治療、摘出手術をする必要があるのです。

普段は見えない背中の粉瘤

背中の場合、どうしても目にすることが少なく気が付くのが遅れがちです。

患者様もしばらくは忘れていたということでした。

少し痛みを感じてはじめて思い出したそうです。

このように放置してしまった粉瘤は大きくなったり、炎症を起こしたりと悪化します。

気になる症状がある方はなるべくお早めに粉瘤専門のクリニックにご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

背中の大きい粉瘤の治療について

粉瘤の診断から手術まで

当院ではまず問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。

診断が確定した場合、診察状況に応じて即日の日帰り手術が可能です。

アイシークリニックとは

アイシークリニックでは患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

粉瘤は切開手術も可能ですが、くり抜き法を行うことで傷跡を小さく目立たなくすることができるのです。

粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の流れ

まずは、粉瘤を摘出するため、局所麻酔の注射をします。

よく患者さまから手術の痛みについて聞かれます。

局所麻酔を行ってから治療を開始するため手術中はほとんど痛みを感じません。

また極細の麻酔針を使用しておりますので、麻酔注射時にも痛みはとても少なくすみます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・2016117)2

上の写真は専用のトレパンという器具を使用し、くり抜き法で手術を行っている写真です。

切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要ないことがほとんどです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・2016117)3

手術直後の写真です。

とても小さい傷跡に済んでいることがわかると思います。

術後はガーゼを当てて終了となります。

手術後の経過をみるため、1週間後に再診にきていただきます。

2~4週間後には傷跡が目立たなくなっているかと思います。

その他背中の粉瘤症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

大きい粉瘤の手術ならアイシークリニック

くり抜き法で治療を行うと目立たない傷跡になります。

とくに大きい粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る