粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016/10/31)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中にできた粉瘤

傷あとが気になる部位の粉瘤

今回は20代の女性患者様の治療を担当いたしました。

背中にできた大きなしこりに気がつき受診されました。

痛みはなかったため大きくなるまで粉瘤であることに気がつかなかったそうです。

夏場などは服装次第では肌の出る部分であったため、術後に傷あとが残ることを気にされておりました。

専門医が対応

当院では粉瘤の手術を重点的に行っておりますので、多数の症例を経験した医師がおります。

術後の状態などもしっかりご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

粉瘤はいつの間にか大きくなっていることがあります。

自然に消失することはないので手術で摘出する必要があります。

粉瘤(アテローム)とは

日帰り手術も可能

患者様の場合、少し赤くなり始めていましたが、炎症は起こしていなかったためすぐに手術で摘出することができました。

粉瘤は一度細菌が入ると、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。

炎症性(化膿性)粉瘤とは

そうした症状を引き起こす前に早めの受診をおすすめいたします。

アイシークリニックではお忙し方にもご利用いただけるよう、日帰り手術を行っております。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

傷あとが小さいくり抜き法

アイシークリニックでは粉瘤の摘出手術にくり抜き法という方法を用いています。

この方法では傷跡を最小限にすることができます。

この「くりぬき法」は皮膚を切開しないため、傷あとを目立たなくすることが可能なのです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・20161031)1

手術にはトレパンという特殊な器具を用います。

手術は局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはほとんどありません。

手術時間も15分程度と短時間で済みます。

摘出の際は取り残しのないように慎重に行っていきます。

今回の傷口は大変小さくすることができたので、縫い合わせる必要はありませんでした。

その場合はガーゼを当てて終了となります。

傷あとに配慮した粉瘤治療ならアイシークリニック

アイシークリニックの医師は、背中の粉瘤だけでも数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

くり抜き法によって切開法と比べ傷口を小さくし、傷あとに配慮した手術を行っております。

※あわせてご覧ください:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

患者者様の立場に寄り添い、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

お困りの方は、まず一度ご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る