粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016/10/29)

今回は背中にできた粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)の摘出手術を行いました。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

大きくなってしまった背中の粉瘤

40代の男性患者様です。

背中の腰に近い部分にできた粉瘤の手術希望で、粉瘤がポッコリと大きくなってきていました。

※ご参考:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161029)1

背中ということで、大きくなってくるまでまったく気が付かなかったそうです。

大きくはなってきておりますがいつ炎症が起こってもおかしくない状態でしたので、即日手術をさせていただくこととなりました。

粉瘤を放置すると・・・!

粉瘤の進行には個人差がありますが、自然治癒することはありえません。

今回のように粉瘤の放置が続いてしまった場合、細菌感染して炎症をおこすケースもあります。

そして炎症性粉瘤は、強い痛みやにおいをともなうことがあります。

炎症性(化膿性)粉瘤とは

炎症性粉瘤の日帰り手術ならアイシークリニック

そのような粉瘤の治療となると、一刻もはやく取り除きたいと思うもの。

その点アイシークリニックでは医師の診断に応じ、炎症性粉瘤でも原則として日帰り手術を行っております。

気になる症状がある方は、まず一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

炎症性粉瘤の即日手術

粉瘤の治療は、手術による摘出という形がとられます。

今回は、「くりぬき法」で手術をさせていただきました。

「くりぬき法」は切開法よりも傷が小さく短期間で治すことができ、以下の流れで手術は進みます。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちらから:粉瘤(アテローム)手術について

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161029)2

局所麻酔を行いますので、手術中痛みはありません。

トレパンという特殊な器具を用いて切開します。その後ピンセットで丁寧に粉瘤を摘出します。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161029)3

傷跡も大変小さくすみました。

アイシークリニックでは手術後の経過をみるため約1週間後に再度受診していただいております。

傷もだんだんと目立たなくなり、治療を受けてよかったと言ってくださりました。

※その他背中にできた症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

粉瘤は次第に大きくなるものであり自然には治癒しません。手術で摘出するしかないのです。そのうえ放置が続けば炎症性粉瘤となってしまいます。

したがって、小さいうちに早期に摘出手術を受けることをお勧めいたします。

なお、アイシークリニックなら、即日手術で少しでも早く痛みを取り除くことが可能です。

アイシークリニックでは、皆さまが納得・満足していただけるよう丁寧に治療させていただきます。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る