粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016/10/21)

背中にできた粉瘤の画像診断・手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

赤みのある背中の粉瘤

背中にできた粉瘤

40代の男性患者様。背中にできたしこりが気になりご来院されました。

最初はニキビだと思っていたとのことでした。

なかなか治らず、市販の薬なども使用されたようです。

しかし一向に良くならないため、ご相談にいらっしゃいました。

最近では少し痛みも出てきているとのことで、診断したところ粉瘤と判明しました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161021)1

赤みのある粉瘤

画像の粉瘤は、少し赤みが出てきています。

このように粉瘤はしばらく放置が続くと、炎症をおこします。

炎症性(化膿性)粉瘤について

炎症を起こした粉瘤は赤みや痛みを伴うことが多く、そうした段階になって病院に駆け込む方が多くいらっしゃいます。

なぜ粉瘤を放置してしまうのでしょうか。

ニキビだと思って放置してしまう

粉瘤はニキビととても間違えやすいため、痛みや赤みがない状態では放置されてしまいがちです。

しかし粉瘤は自然治癒が望めません。

放置が続いて悪化する前に、手術で粉瘤を摘出する必要があります。

粉瘤(アテローム)の治療法

アイシークリニックのこだわり

いつまでたっても治らないニキビがある場合は、一度病院にて診察を受けることをお勧めいたします。

アイシークリニックでは、形成外科・皮膚科の専門医らが連携して手術を行っております。

完全予約制のクリニックですのでスムーズに診断を行えるかと思います。

粉瘤にお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤手術の内容

1.局所麻酔

粉瘤の手術ですが、まずは局所麻酔を行います。

麻酔針も極細のものを使用しているため、麻酔時の痛みはわずか。

もちろん手術中も痛みを全く感じることはありません。

痛みの苦手だという方にも不安なく受けていただけるかと思います。

2.くり抜き法

粉瘤・アテロームの治療方法には切開法とくり抜き法があります。

くり抜き法の場合、患者様の負担も少なく、傷跡も小さくすむとうメリットがあります。

粉瘤の状態・大きさによって医師が判断し切開法かくりぬき法を選択します。

粉瘤(アテローム)手術について

写真のように専用のトレパンという器具を使用します。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161021)2

穴をあけた後は、ピンセットにて丁寧に粉瘤を取り出します。

取り残しのないように、慎重に行います。

ご覧のように術後の傷跡もかなり小さく済みました。

縫合の必要はなかったので、ガーゼを当てて終了です。

3.傷跡への配慮

アイシークリニックは、くり抜き法を用いることで傷跡をなるべく小さくしようと努力しています。

顔や首など、見た目がきになる部分の手術でも安心していただけるかと思います。

背中の粉瘤治療はアイシークリニック

今回の症例は、背中にできた粉瘤の中でも炎症が始まり赤みを帯びている粉瘤の治療でした。

※背中周りのほかの症例についてはこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

アイシークリニックは新宿駅より徒歩3分の場所にあるためアクセスのしやすさからも多くの方にご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る