粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016/10/20)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中にぽっこり盛り上がった粉瘤

40代の男性患者様。

背中にできたしこりを放置していたところ、徐々に大きくなってきたため来院されたそうです。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161020)1

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然に治ることはありません。
粉瘤ができてしまったら、手術にて摘出する必要があります。(※ご参考:粉瘤(アテローム)の治療法

なお、よく「自力で潰してしまった」という話を聞きますが、傷口から最近が入り炎症を起こしてしまう事があるのでお勧めしません。

気になる症状がある方は、ぜひお早めに受診されることをお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法によるぽっこりした粉瘤の摘出

粉瘤・アテロームの治療方法には切開法とくり抜き法があります。

男性の場合はくり抜き法で摘出しました。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※切開法とくり抜き法の違いについて詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

手術は局所麻酔で行います。

そのため手術中も痛みを全く感じることはありません。

麻酔がきちんときいてるか患者様とコミュニケーションを取りながら進めていきますのでご安心ください。

次に、トレパンという特殊な器具を使い穴をあけます。

中から粉瘤が出てきますので、手で柔らかい粉瘤を絞り出していきます。

柔らかい粉瘤を絞り出した後、袋状の粉瘤が出てくる場合がほとんどです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161020)2

これをハサミで切り取れば、全ての粉瘤を取り除いたことになります。

粉瘤は取り残すと再発する可能性があるため、丁寧に取り除きます。

術後もバッチリ。傷跡が目立ちにくいくり抜き法

最小限の小さな穴で済みました。

くり抜き法は目立たない傷跡としても患者様から大変ご好評いただいております。

患者様も、ぽっこりしていた粉瘤が予想していたよりはるかに小さく目立たない傷跡になったことに大変驚き、喜んでいらっしゃいました。

2〜4週間後には、カサブタができ、自然と剥がれ落ちれば、そのあとは、ほとんど傷痕は目立ちません。

※その他当院の豊富な症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックは新宿駅より徒歩3分の場所にあるためアクセスの良さからも多くの方にご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤や脂肪腫など皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る