粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・2016/10/20)

背中にできた炎症をともなう粉瘤の治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

背中にできた炎症性粉瘤

痛みが出てきたためご来院

30代男性の患者様です。お悩みの部分は、背中です。

はじめはニキビだと思い、そのうち治るだろうとすっかり忘れていたそうです。

数か月たったころ、痛みができてたため、見てみるとかなり赤くなってしまっていたため、受診されました。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代男性・20161020)1

赤く腫れ上がり、痛そうですね。

なぜこのように悪化するまで放置してまいがちなのでしょうか。

ニキビと間違えやすい粉瘤

背中の場合、目に見えない部分になってしまうため、痛みなどの症状がない限り発見されにくいのが粉瘤の特徴です。

またニキビと見た目が似ていることも、粉瘤を放置してしまう原因となっています。

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

放っておくと炎症性粉瘤に

しかし粉瘤が自然治癒することはありません。

粉瘤はそのままにしておくと次第に大きくなり炎症を起こすことがあります。

炎症性粉瘤は多くの場合、痛みやにおいを伴います。

そのため、今回のように痛みがでてきて初めて病院に相談するという方が少なくありません。

しかし炎症を起こす前に治療をした方が、粉瘤の治りも早く再発の可能性も低くなります。

炎症性(化膿性)粉瘤とは

気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

痛みのある背中の炎症性粉瘤治の治療

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなくくりぬき法を採用することにより、患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療を行っております。

くりぬき法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

粉瘤(アテローム)手術について

今回も局所麻酔をした上でくり抜き法を行いました。

トレパンという特殊器具を用いてオペを行います。

トレパンによる切開の後、ピンセットにて粉瘤の袋から角質を取り出します。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

再発の原因となる取り残しのないように、丁寧に行います。

今回の傷跡は小さいもので済んだため、縫合の必要はなくガーゼを当てて手術は終了となります。

術後2〜4週間で傷痕がほとんどわからなくなるケースがほとんどです。

※あわせてご覧ください:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

炎症性粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックでは患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る