粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016/10/14)

背中の粉瘤・手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中にできた腫れを伴う粉瘤

40代男性の患者様です。背中にできた粉瘤(アテローム)の治療をご希望でご来院されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161014)1

粉瘤とは?放置したらどうなる?

粉瘤・アテロームは良性の表皮腫瘍、表皮嚢腫です。

ニキビと間違われやすいですが、粉瘤は自然に治癒せず、摘出手術をしない限りは治りません。

そのままにしておくと次第に大きくなったり、炎症を起こしたり、今回の症例のように腫れを伴ったりします。

こちらの患者様も始めは大したことないと思い、そのままにされていたそう。

背中ということもあり、日常であまり自分でも目にすることはなかったため、数か月そのままにしてしまっていたところ、このように大きく腫れてしまっていたそうです。

※粉瘤とニキビの違いについてはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

※粉瘤を放置する危険性についてはこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは大きい粉瘤の症例紹介【画像あり】

腫れを伴う粉瘤の手術は、アイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らず、放っておくと次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

その点、アイシークリニックでは大きくなってしまった粉瘤も、くり抜き法という手術法を駆使することで傷跡を最小限にとどめ、原則日帰り手術で治療することができます。

気になることがございましたら、ご気軽にご連絡ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による粉瘤日帰り手術

アイシークリニックでは基本的には「くり抜き法」という方法で摘出治療を行っております。

くり抜き法は切開法に比べ、創部が小さく治癒期間が短くすむことが最大のメリットです。

くり抜き法による手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

手術では、局所麻酔を使用しますが、極細の麻酔針を使用しておりますので、麻酔時の痛みもごくわずかです。

また、くり抜き法では、トレパンという専用の器具をつかって手術をいたします。

トレバンにて切開した後は、粉瘤を手やピンセットで取り出していきます。取り残しがあると再発につながるため、この工程は慎重に行っていきます。

粉瘤手術の傷痕も最小限に

くり抜き法で粉瘤を摘出した直後の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・20161014)2

傷口も小さく済みましたので、縫合の必要もなく、ガーゼを貼って終了です。

傷跡の心配もいりません。

2~4週間ほどでカサブタが取れ、元通りきれいな肌になっています。

粉瘤治療はアイシークリニック

今回の治療は背中にできた粉瘤ということで、発見が遅れ大きく腫れてしまっていました。

しかし、当院ではくり抜き法を採用することで、大きくなってしまった粉瘤も傷跡を最小限にとどめることができました。

くり抜き法による治療は15分程度で終わるため、日帰りでの治療が可能となっています。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は、是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る