粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・40代男性・2016/10/12)

背中の粉瘤・手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

気が付くと大きくなってきていた背中にできた粉瘤

40代男性、背中にできた粉瘤(アテローム)の治療をご希望でご来院されました。

小さいですが盛り上がってきており、少し黒ずんできています。

背中の場合、どうしても気が付くのが遅くなることがありますが、粉瘤はそのままにしていても自然に治ることはありません。

気になる症状がありましたら、早めの受診をお勧めいたします。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・40代男性・20161012)1

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

なお、粉瘤は次第に大きくなっていき、炎症をおこす場合もあります。

炎症をおこした状態で手術を行うと、出血が多くなったり、傷痕が目立ってしまうリスクがあります。

※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

くり抜き法による粉瘤日帰り手術

患者様の場合は、炎症は起こしていなかったため、受診された当日に即手術で対応させていただきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・40代男性・20161012)2

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

局所麻酔を使用しますが、当院では、極細の針を用いるなど、麻酔の際の痛みにも配慮した治療を心がけております。

粉瘤手術の傷痕も最小限に

当院は、くり抜き法という方法による粉瘤手術をご提案することがあります。

この方法であれば、従来の切開法よりも目立ちにくい傷跡を目指すことができ、手術時間も短縮を図れると考えているためです。

くり抜き法では、トレパンという特殊な器具を用いて行います。

トレパンにて切開後は、ピンセットにて粉瘤を慎重に取り出していきます。

1週間後にはカサブタができ、自然と剥がれ落ち、そのあとは、傷跡は段階的に目立ちにくくなるような手術を目指しております。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・40代男性・20161012)3

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニックは日本形成外科学会認定形成外科専門医のもと、チーム体制で皮膚治療を行っております。

また、局所麻酔に極細針を使用して痛みを軽減することや、手術中もほとんど痛みがないことを目指しており、術後の傷跡にも細心の注意を払い治療を行います。

不安に感じる部分は医師が丁寧にご説明しますので、粉瘤や脂肪腫など皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

監修者

  • 金沢大学医学部医学科卒業、金沢大学附属病院勤務
  • 金沢医科大学病院形成外科勤務
  • 金沢医科大学形成外科助教
  • 金沢医科大学大学院医学研究科修了、富山県立中央病院形成外科部長
  • 2018年12月よりアイシークリニック新宿院院長就任
  • 日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

アイシークリニック
診療予約・お問い合わせ

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き


カテゴリーから症例紹介を探す

関連する粉瘤の他の手術症例



アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院
お電話での予約はこちらから
トップへ戻る