粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・2016/10/10)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中にできた大きな粉瘤

20代の男性患者様。

背中に大きなしこりがあるということでご来院されました。

少々黒ずみが見られますが、これは粉瘤です。

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・20161010)1

粉瘤治療ならアイシークリニックへ

粉瘤は癌とは違い良性の腫瘍ですが、放置しておくと巨大化し炎症を起こし痛みをともなうこともあります。

※炎症を起こした粉瘤について:炎症性(化膿性)粉瘤とは

当院では、まずは初回受診時にカウンセリングを行い、担当医が最適な治療方法をご提案します。

患者様のご不安な点は一つ一つ丁寧にご説明いたします。
診断には必要であれば、画像診断を行うことも可能です。

気になる症状がある方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法で傷跡をきれいに

粉瘤・アテロームの治療方法には切開法とくり抜き法があります。

くり抜き法の場合、患者様の負担も少なく、傷跡も小さいというメリットがあります。粉瘤の状態・大きさによって医師が判断し、切開法かくりぬき法を選択します。

今回はくり抜き法を採用し、以下のような流れで手術をおこなっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

粉瘤(アテローム)手術について

手術は局所麻酔で行います。

麻酔針も極細のものを使用しているため、麻酔時の痛みもわずかです。

もちろん手術中も痛みを全く感じることはありません。

くり抜き法では、写真のように専用の「トレパン」という器具を使用します。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・20161010)2

穴があきました。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中中央・20代男性・20161010)3

穴をあけた後は、ピンセットにて丁寧に粉瘤を取り出します。

結果、術後の傷跡もかなり小さく済みました。

縫合の必要はなかったので、ガーゼを貼って手術終了です。

手術後は翌日からシャワーに入ることが可能で、手術後は1週間後に再度受診していただき傷の経過を見ます。

多くの場合、2~4週間ほどでカサブタが取れきれいな肌に戻ります。

粉瘤治療はアイシークリニック

くり抜き法は傷跡がめだちにくい治療とされております。

一方で、アイシークリニックでは個別の粉瘤に対し最適な治療を心がけているため、時には切開法をお勧めする場合がございます。

いずれの治療についても、極力傷跡がのこらないよう尽力いたします。

また大学病院や総合病院と医療連携を行っているため、当院で扱えない全体麻酔が必要であるようなものの場合でもそちらで治療していただけます。

大学病院・総合病院との連携

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る