粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016/10/7)

背中の粉瘤の摘出手術です。

画像を交えて、ご来院から手術内容、術後のケアまでを丁寧にご説明します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

気になる背中の粉瘤を日帰り手術で除去

20代女性の患者様、背中にできた粉瘤の治療をご希望されました。

なかなか治らない背中のしこりが気になり、ご来院なさいました。

下の写真は手術前の背中にある粉瘤の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016107)1

顔や首、背中などにしこりができると、ニキビかもと思われがちですが、

自然に治癒しない場合や、次第に大きくなっていく場合などは粉瘤の可能性がありますので、お早めの受診をお勧めいたします。

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤治療はアイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法の手術で最小限の傷痕にこだわり

下の写真はトレパンを使用したくり抜き法の様子です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016107)2

痛みのない麻酔

手術前に局所麻酔を行います。

麻酔をかける際も痛みがあるのかご不安になる方もいらっしゃるでしょうが安心してください。麻酔をかける時の痛みはほんのわずかなものです。

手術中は麻酔がよく効いた状態で行うため全く痛みを感じることはありません。

「くり抜き法」を用いた負担の少ない手術

手術では専用のトレパンという器具を使います。

当院では粉瘤の治療を「切開法」ではなく、患者様の負担の少ない「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。
この「くりぬき法」は、切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術と言われています。

丁寧に粉瘤を摘出

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性を持っています。

したがって、取り残しのないように慎重に行っていきます。

※詳しい治療法に関してはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

術後の傷跡の最小化を目指すのが、アイシークリニック

このように、傷跡もとても小さく済んでいるのがお分かりかと思います。

縫合の必要もなく、防水シートを貼り、終わりになります。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016107)3

手術後はその日からシャワーに入ることが可能です。傷跡も1~2週間で次第にきれいになっていきます。

手術後は1週間後に再度受診していただき、傷の経過を見ます。

くり抜き法で治療をされた方のほとんどが、術後も思っていたよりも全然痛みを感じなかったと話されます。

粉瘤治療はアイシークリニック

当院は新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くの患者さまにご来院いただいております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る