粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016/10/7)

背中にできた粉瘤手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

大きなしこりとなっていた背中の粉瘤

今回、治療をご希望されたのは20代男性です。

数か月前から背中にしこりのようなものができており、気が付くとかなり大きくなってしまっていたそうです。

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016107)1

粉瘤とは、皮膚の下にある皮下という組織に何かの原因により袋状の嚢腫ができた状態をいいます。

そこに角質や脂が蓄積していくことで粉瘤は少しずつ大きくなっていくのです。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤治療ならアイシークリニックへ

粉瘤は癌とは違い良性の腫瘍ですが、放置しておくと巨大化し炎症を起こし痛みをともなうこともあります。

※炎症を起こした粉瘤について:炎症性(化膿性)粉瘤とは

当院では、まずは初回受診時にカウンセリングを行い、担当医が最適な治療方法をご提案します。
患者様のご不安な点は一つ一つ丁寧にご説明いたします。

また当院は完全予約制のクリニックですので、ご予約いただいた時間にスムーズに診察を行えるかと思います。

気になる症状がある方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による粉瘤手術で再発予防

摘出する部位をマーキングし、手術を開始します。そして、「くりぬき法」といわれる摘出方法で粉瘤を取り除いていきます。

粉瘤は全てを摘出しないと再発しやすい皮膚良性腫瘍です。

そのため丁寧かつ的確に治療を行うことで、再発予防することが必要です。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※あわせてご覧ください:粉瘤(アテローム)手術について

まずは局所麻酔を行います。

極細の麻酔針を使用しますので、痛みも少なく安心です。

手術は、トレパンという特殊な器具を用いて穴をあけ、そこから粉瘤を取り出します。

傷口が小さく済むことが特徴です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016107)2

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016107)3

上記のようにきれいに内容物を摘出することが、再発防止につながります。

このあと、創部にガーゼを貼付し手術は終了です。

※その他背中にできた粉瘤症例についてはこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

再発の少ない粉瘤治療を目指すアイシークリニック

アイシークリニックは原則としてくり抜き法で治療を行っており、また丁寧に粉瘤の袋を抜き取ることで、再発防止に努めています。

気になることがございましたら、是非ご相談ください。

スタッフ一同お待ちしています。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る