粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016/10/6)

背中にできた炎症性粉瘤の手術症例のご紹介です。

画像を交えながら、来院~手術内容~術後ケアまで詳しくお伝えしますので、治療の参考にしていただければ幸いです。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

背中にできた炎症性(化膿性)粉瘤

40代男性。

背中にできた粉瘤の摘出をご希望されました。

ご覧のとおり、皮膚は炎症を起こし、全体的に腫れています。

なかなか治らないため、ニキビではないのかもと思い、インターネットで調べ当院を受診されたそうです。

診断結果は「粉瘤」でした。

写真は手術をする前の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016106)1

初回診察の際は上の写真よりも炎症が強くみられました。

粉瘤には「炎症性粉瘤」という炎症が起きている状態の粉瘤があります。

炎症性粉瘤は化膿し、腫れ上がっている状態をいいます。

粉瘤は自然には治りません。放置しておくと炎症を起こします。

炎症性粉瘤について詳しく知りたい方はこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは

気が付いた段階での早期治療が大切な症状です。

一度できてしまった場合には、手術で摘出するしかありません。

今回の患者様のように、炎症するまで放置してしまう方もいらっしゃいます。

なぜ、そのような状態になるまで放置してしまう方が多いのでしょうか?

粉瘤に関する、よくある勘違い

多くの方が、粉瘤に関するよくある勘違いをしてしまいます。

特に見られる勘違いえを3点、みていこうと思います。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置してしまう例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

粉瘤とその他のおできとの違いについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:粉瘤とイボの違い、その他のおできについて

粉瘤は自然に治るもの?

きっと、そのうち治るだろうと気にしないかたもいらっしゃいます。

しかし、粉瘤は自然には治りません。必ず摘出必要があります。

粉瘤(アテローム)の治療法」という記事に詳しく記載がありますので、よろしければご覧ください。

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは避け、必ず医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりする方もいらっしゃいます。しかし、無理に潰すと細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心なのです。

粉瘤について詳しく知りたい方はこちら

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

手術となると、傷跡がとても気になるかと思います。特に顔回りなど、目立つところでは、手術跡が残るのであれば、放置しておいたほうがよいかもと考えてしまう方もいらっしゃいます。

アイシークリニック新宿院では粉瘤の手術を専門に行っておりますので、多くの経験と実績がございます。

傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分もたくさんあると思いますが、担当の医師が丁寧にご説明させていただきます。

安心して手術を受けていただける体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

短時間で痛みの少ない粉瘤手術の流れ

当院ではおおよその場合、下記の手順で手術を行います。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取出し
  4. 縫合または防水シート

それぞれ詳しく説明していきます。

体系的に粉瘤手術について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

粉瘤(アテローマ)手術について

痛くない局所麻酔

手術は、局所麻酔を行うところがスタートです。

麻酔の注射が苦手、という患者様もたくさんいらっしゃいますが、当院では極細の麻酔針を使用しておりますので、痛みはわずか。

手術中の痛みもありませんので、安心して受けていただけます。

麻酔は、数十秒で効いてきますので、その間お待たせすることはなく、スムーズに次の作業「くり抜き法を用いた施術」が進められていきます。

傷を最小化するくり抜き法による粉瘤手術

粉瘤の治療では、「くりぬき法」という摘出法で手術をさせていただきました。

くりぬき法は切開法よりも傷が小さく短期間で治すことができます。

その後、トレバンという特殊な器具を用いて粉瘤を取り出していきます。

トレバンとは、写真の緑色の器具のことを指します。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016106)2

取り残しのないように細心の注意を払い手術を行っていきます。

丁寧な粉瘤の摘出

さて、粉瘤を切開したあとは、ピンセットにて粉瘤を取り出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・40代男性・2016106)3

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性をもっています。

したがって、取り残しのないように慎重に行っていきます。

当院の医師により、丁寧で手早い治療により、患者様の気持ちを少しでも和らげられるよう配慮の気持ちを表させていただきました。

今回も、傷跡が小さく済み、縫合の必要がないケースでした。

一週間ほどで傷跡もきれいになっていきます。

アイシークリニック新宿院の医師は、粉瘤治療においてプロフェッショナルでございますので、どうぞご安心してお任せください。

お問い合わせはこちら

術後の傷跡はほとんど目立ちません。アイシークリニックの粉瘤治療

手術後の流れについてご説明させていただきます。

手術翌日から、シャワーが可能

粉瘤摘出後は、ガーゼを当てて終了となります。

なお、手術翌日からシャワーは可能です。

傷口を清潔に保つために、やさしく洗ってください。

術後状態確認

当院では、経過を確認するために、手術後再度ご来院いただくこともございます。

傷跡は、手術後2〜4週間ほどで目立たなくなります。

傷跡が目立たないという点、患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。

私共も大変嬉しく思っております。

短時間の手術ができるのは、実績がある当院ならでは

アイシークリニック新宿院における、粉瘤の手術時間は約15分ほど。長い手術だと、患者様の不安感を仰ぐこととなってしまいます。

手術を疎かにすることは決していたしません。

この時間で手術ができるのは、多くの手術実績があり、創意工夫をさせていただいているからです。

他の豊富な手術症例について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院は東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

職場が新宿という方以外にもアクセスのしやすさからその結果、、東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。
また先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る