粉瘤・アテロームの手術症例(背中・50代男性・2016/10/5)

背中にできた炎症性粉瘤の治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

大きく腫れて痛みを感じるようになってきた背中の粉瘤

今回ご来院されたのは、50代男性。

気が付くと、背中に盛り上がったしこりのようなものができていたということでした。

問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。

診察したところ、粉瘤でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・50代男性・2016105)1

だいぶ大きくなり赤くなり始めていることに加え、少し痛みもあるということでした。

患者様のように、背中にできた粉瘤は気がつきにくく、放置してしまい悪化する傾向があります。

※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきますので、ご安心してご来院ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

炎症性粉瘤の日帰り手術の流れ

アイシークリニックでは粉瘤の手術をくり抜き法で行っております。

粉瘤は切開手術も可能ですが、傷跡を小さく目立たなくするためにくり抜き法で治療を行っております。

※両者の違いや特徴について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の手術の概略は以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

以下に、詳しく説明いたします。

痛くない局所麻酔 〜極細の針を使用〜

まずは、粉瘤を摘出するため、局所麻酔の注射をします。

よく患者さまから手術の痛みについて聞かれますが、局所麻酔を行ってから治療を開始するため手術中は痛みを感じることはありませんのでご安心ください。
また、極細の麻酔針を使用しておりますので、麻酔時にも痛みはとても少なくすみます。

今回の患者様も「針を刺す瞬間は少し痛みを感じたが、それ以降は全く痛くなくて驚いた」と話されていました。

麻酔がよく効いていることを確認し、次のステップへ進みます。

トレバンという器具を用いて、粉瘤を摘出

下の写真は専用のトレバンという器具を使用し、くり抜き法で手術を行っている写真です。

トレバンを粉瘤のある皮膚に差し込み、引き抜くと、円形の穴から粉瘤が出てきます。

もちろん麻酔が効いているため痛みは感じません。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・50代男性・2016105)2

粉瘤がたくさん出てまいりました。

まずは皮膚を傷つけないように手を用いて粉瘤を取り出し、細かいものはピンセットを使って取り除きます。

粉瘤は取り残しがあると再発する危険性があるため、丁寧に摘出いたします。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・50代男性・2016105)3

粉瘤をすべて取り除くと、下の写真のようにぽっかりと穴が空きます。

ピンセットが入る程度の小さい創部になっていることがわかるかと思います。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・50代男性・2016105)4

くり抜き法は切開法に比べ、傷が小さく済むため縫合も必要ないのです。

手術後はガーゼを当てて終了となります。

手術当日もシャワーは可能ですので、患部を清潔に保てるように優しく洗ってください。

また、術後1週間後を目処に、術後経過を確認するためにご来院いただきます。

傷は2〜4週間程度で目立たなくなっていきます。

※その他背中にできた粉瘤の症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

炎症性粉瘤の迅速治療は、アイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で治療を行っております。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る