粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016/10/5)

背中にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

記事の作成にご協力いただいた患者さまには心よりお礼申し上げます。

背中にできた粉瘤の治療

20代男性患者様。

背中にしこりのようなものができ、膿が臭いを発しているとお電話でご相談いただきました。

診察させていただいたところ、粉瘤に間違いありませんでした。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016105)1

炎症性粉瘤でお悩みならアイシークリニックへ

粉瘤は表皮嚢腫・アテロームともいいます。

良性の表皮腫瘍の一つですが、自然に消失するものではありません。一度できてしまった場合には、手術で摘出するしかないのです。

※詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)とは

また粉瘤を放置してしまうとそのまま肥大化し、場合によっては炎症を起こして赤く腫れあがることがあります。

炎症性粉瘤は痛みや臭いを伴うものが多く、炎症を起こす前の粉瘤と比べ治療も難しくなってしまいますので、発見した場合はすぐに受診をすることが大切です。

※炎症性粉瘤について詳しくはこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは

当院では日帰り手術をおこなっていて、小さいものであれば即日での手術も可能です。

完全予約制のクリニックですので、ご予約いただいた時間にスムーズに診察を行えるかと思います。

気になる症状がある方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による手術で再発予防

手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※あわせてご覧ください:粉瘤(アテローム)手術について

当院では、「くりぬき法」といって切開しないて摘出する方法で手術を行っています。

トレパンという特殊な器具を用いることで、なるべくお身体に傷をつけずに処置を施すことができるのです。

それだけではありません。

くり抜き法は従来の切開法と比べ不流をきれいに取り除けるため、再発の可能性を低く抑えることができるのです。

次の写真は手術の様子をうつしたものです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代男性・2016105)2

トレパンにて穴を開けたところから、粉瘤が出てきました。

ピンセットで取り残しのないように慎重に取り出していきます。

傷跡もこのように小さく済んでおります。このような状態ですと縫合の必要もありません。

この後ガーゼを貼って、手術は終了です。

通常ですと、2~4週間で傷跡もめだたなくなるでしょう。

※その他背中にできた粉瘤の症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

炎症性粉瘤の治療もアイシークリニック

粉瘤は初期の段階で治療することが大切です。

炎症性粉瘤となってしまうと、痛みやにおいを伴う可能性も高くなります。

アイシークリニックは東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

具体的には東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉、など関東近郊からも患者様が多くご来院されます。

患者様からお喜びの言葉をいただき私共も大変嬉しく思います。

少しでもお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る