粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・2016/10/4)

背中にできた粉瘤の手術症例のご紹介です。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

画像診断技術を用いて粉瘤かどうかを診断

30代の女性の患者様です。

背中にしこりのようなものがあるということでご相談されました。

写真は手術前のものです。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・2016104)1

背中にしこりのように写っているものがありますが、診断の結果粉瘤であることがわかりました。(※ご参考:粉瘤(アテローム)とは

一見おできかニキビにも見えますが、粉瘤はニキビのように数日すると治るものではありません。最初は小さくても少しずつ大きくなるのです。(※ご参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

なお、アイシークリニックでは問診・診察を行い必要に応じてエコー検査、CT検査、MRI検査も行い画像診断を行っております。(※詳しくはこちら:大学病院・総合病院との連携

粉瘤治療はアイシークリニック

粉瘤(アテローム)は表皮嚢腫とも呼ばれる良性の表皮腫瘍です。

治療方法は摘出手術で粉瘤を取り除くことです。

薬などを用いて自力で治そうとする方がいらっしゃいますが、多くの場合悪化の原因になるためおやめください。

※詳しくはこちら:粉瘤の発症原因と予防法

そのままにしておくと炎症を起こし、痛みに耐えかねてご来院されるケースもあります。

気が付いた時に早期の治療が大切です。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法による手術で粉瘤を除去

当院ではくり抜き法という負担の少ない治療法を提案しています。

くり抜き法は切開法に比べ、創部が小さくて済む方法です。目立たない傷跡にしてほしいというご要望にもお応えできる摘出法です。

※ご参考:粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の流れは以下になります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ見ていきましょう。

局所麻酔を用いた痛みの少ない治療

まず、局所麻酔をしてから行いますので、手術中の痛みもありません。

皮膚のくり抜きは、トレパンという特殊な器具を用いて行います。

穴を開けた後、ピンセットを用いて中の粉瘤を取り出します。

下の写真はピンセットを用いて粉瘤を取り除いた後の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・30代女性・2016104)2

手術は15分から30分程度ととても短時間で済みます。

術後も当日からシャワーも可能で、一週間ほどで傷跡もきれいになっていきます。

※背中周りの他の症例はこちら:背中にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックでは粉瘤の摘出手術は原則日帰り手術で行っております。

新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くのビジネスマンの方にご利用いただきております。

これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といった場所からもアクセスが良く、仕事帰りにご来院される方が多いです。

普段仕事が忙しく、時間がない方でも大丈夫です。アイシークリニック新宿院は完全予約制で治療をご提供しております。

粉瘤・アテロームでお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る