粉瘤・アテロームの手術症例(背中上部・30代男性・2016/10/3)

背中の肩のちかくにできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

背中にできたなかなか治らないニキビ

今回ご来院されたのは、30代男性。

数か月前から背中にできたしこりに気が付いていましたが、なかなか治らずご来院されました。

外見が似ているためニキビと間違われやすいのですが、実はこれ粉瘤です。

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(背中上部・30代男性・2016103)1

ニキビのような粉瘤

ニキビと粉瘤はどちらも放置しておくと炎症を起こすため、とても見分けにくいものとなっています。

大きな違いは、粉瘤は放置が続くと巨大化し大きいものでは数10センチにも及ぶということ。

また初期段階では粉瘤に限り黒い点が表面に現れることがあるため、黒い点がみられた場合は粉瘤と判断できます。

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

とはいっても、正確な判断のためには、やはり専門の医療機関で診断の必要があります。

アイシークリニックではまず問診・視診をしたあと、必要に応じ画像診断を行います。

診断が確定した場合、粉瘤の大きさに応じて即日で手術が可能です。

また後日の手術となっても日帰り手術で対応することができます。

粉瘤(アテローム)手術について

状態が悪化する前に、ぜひ一度ご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法で粉瘤手術

手術の流れについて画像付きで説明していきます。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

下の写真は専用のトレパンという器具を使用し穴をあけた後、粉瘤を摘出している状態です。

局所麻酔を使用しているため、痛みを感じることは全くありません。

取り残しがあると再発に繋がるため、慎重に行っていきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中上部・30代男性・2016103)2

粉瘤を完璧に取り出すことができたら、あとはガーゼを貼って終了です。

「それだけでいいの?」と思われるかもしれませんが、安心してください。

しばらくするとカサブタが形成され、通常の場合2~4週間ほどできれいな肌に戻っています。

くり抜き法で手術することで傷口を小さくしているので、傷跡もほとんど残りません。

粉瘤とニキビの判別はアイシークリニックで

アイシークリニックでは患者様のご負担の軽減を最優先に考え、くり抜き法で手術を行っています。

ニキビではなく粉瘤という診断結果がくだされた場合、即日で治療できる可能性もあります。

なかなか治らないニキビのようなものでお困りの方は、一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る