粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・2016/5/1)

今回は背中にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

大きめにふくらんだ粉瘤を背中に発見!

20代女性、背中にできた粉瘤の治療をご希望されご来院されました。

※粉瘤について詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・201651)1

触るとしこりのようなものが感じられますが、「普段の生活であまり気にならなかったので気づいたのは最近」とおっしゃっていました。

背中のような目に見えない部分に粉瘤ができると、発見が遅れることがあります。

初期症状はニキビおできのような見た目をしていますが、放置すると悪化し肥大化したり炎症を起こしたりすることがあります。

※詳しくはこちら:炎症性(化膿性)粉瘤とは

炎症が起きる前に! 粉瘤手術が可能なクリニックへ

背中にできた粉瘤が炎症を起こすと、痛みや熱が生じることが多く横になっていても「痛い」と感じることも。

「早く手術して取り除いてほしい」と病院に駆け込まれるケースもあります。

粉瘤は手術しないと治らないため早めの受診が肝心です。(※ご参考:粉瘤(アテローム)の治療法

当院は粉瘤手術ができるクリニックであり、かつ完全予約制のため、迅速な治療を行えるかと思います。

粉瘤にお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤手術の実際 〜くりぬき法による手術の流れ〜

当院では「くり抜き法」と呼ばれる手術方法で粉瘤の摘出を行っています。

他の手術法と比べ、小さな傷跡で手術を行えるのが特徴です。

お顔のようなデリケートな部分や、傷跡を特に気にされる女性の方に大変ご好評をいただいています。

くり抜き法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

痛くない局所麻酔

膨隆した粉瘤の部位を慎重に診察し、マーキングしたあと、粉瘤の部位に局所麻酔を注射します。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・201651)2

この際、ほんのわずかに痛みを感じますが、麻酔が効けばもう痛みはありませんのでご安心ください。

麻酔の効きを確認してから次の工程に進みます。

トレパンを使ったくりぬき法

下の写真のようにトレバンと呼ばれる円形のメスを粉瘤がある皮膚の上部に刺し、皮膚に穴を開けます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・201651)3

麻酔が効いているためもちろん痛みはありません。

局所麻酔のためコミュニケーションをとりながら手術を進めて参りますので、ご安心ください。

トレパンを引き抜くと中から粉瘤が出てきますので、しっかり丁寧に摘出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・201651)4

取り出した後の傷はこのように大変小さいのです。

ピンセットの先が入る程度の大きさです。

女性でも安心して手術を受けていただいております。

傷跡も目立たずにすんだ粉瘤手術の術後の様子

1週間後、受診された際の創部の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(背中・20代女性・201651)5

いかがでしょうか。数週間後はもっと美しく、目立たない仕上がりになります。

女性も大変喜ばれておりました。

目立ちにくい傷跡なら、アイシークリニックのくりぬき法で

アイシークリニックが行う「くり抜き法」による粉瘤治療は、患者様から大変ご好評で、手術実績も非常に多く積みあがってまいりました。

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤でお困りの方は、是非一度アイシークリニックへご相談ください。

スタッフ一同、お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る