粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・50代女性・2016/11/25)

ひじにできた粉瘤治療についてご紹介します。

「粉瘤とは」と言った基本的な内容から症例写真まで詳しく解説いたします。

ブログにご協力頂きました患者様に心より感謝申し上げます。

ひじの中央にできたしこりは粉瘤でした

今回ご来院されたのは、50代女性。

ひじにできたしこりのようなものがなかなか治らず来院されました。

痛みはなかったようですが、ニキビのようでもなく、不安になったということでした。

確かにひじにニキビができる方はあまりおりません。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・50代女性・20161125)1

診察の結果、粉瘤でした。

粉瘤に関する、よくある勘違い

さて、粉瘤治療でご来院される方には「すぐに手術をしてほしい」と仰る方が少なくありません。

なぜ、そのような状態まで放置してしまう方が多いのでしょうか?

それは、粉瘤に対する勘違いがあるからです。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自然に治るもの?

粉瘤は自然に治るものではなく、手術にて摘出する必要があります。

そのままにしておくと次第に大きくなり、炎症をおこす場合があります。

早期治療が必要な場合もありますので、気になる症状がありましたら、お気軽にご来院ください。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤は自分で潰しても大丈夫??

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

※参考記事:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

短時間で負担の少ない粉瘤手術

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなくくりぬき法を採用しております。
患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療です。

今回も、局所麻酔をした上でくり抜き法を行いました。

粉瘤手術の流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

麻酔針も極細のものを使用しておりますので、麻酔時の痛みも最小です。
手術はトレバンという特殊器具を用いてオペを行います。

皮膚に小さな穴を開け、そこから粉瘤を取り出します。

トレバンによる切開の後、粉瘤の袋から角質が出てきます。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・50代女性・20161125)2

上の写真のようにピンセットを使って粉瘤の取り残しがないようにします。

術後の傷痕も最小限に

縫合の必要もありませんでしたので、ガーゼを当てて終了します。

手術当日からシャワーが可能で、術後1-2週間で傷痕がほとんどわからなくなるケースがほとんど。

こちらの患者様も再診にご来院された際には、傷痕もすっかり治り、安心して帰宅されました。

※腕に出来た粉瘤の他症例:腕・手にできた粉瘤手術の症例一覧

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

スタッフ一同お待ちしております。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る