粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・2016/10/21)

今回は上腕にできた粉瘤の手術症例をご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

上腕にできた粉瘤治療

今回は20代女性の患者様の治療を担当いたしました。

腕にちいさなしこりに気がついていたそうですが、しばらくそのままにされていたそう。

いつまでたっても治らないので、不安に思い受診されました。

粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・20161021)1

粉瘤は自然に治ることはなく、いつの間にか大きくなり、炎症をおこす場合もあります。

手術で摘出する必要があるため、気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めします。

※ご参考:粉瘤(アテローム)とは

また、腕をはじめとした見た目が気になる場所の手術の場合、手術自体を躊躇されたり、不安に思う方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では数多くの粉瘤の手術を行っているため、患者様の疑問や不安にしっかりと答えたうえで手術を進めております。
当院は、ご安心・ご納得いただいたうえで、治療を行わせていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

患者様の場合、炎症が起き始めていましたが、痛みもないような状態でした。

当院では炎症が起きている粉瘤でも当日日帰りで手術を行っています。

完全予約制ですので、お時間がなかなか取れない方でもスムーズに予約できるかと思います。

粉瘤手術の流れ

それでは手術の流れについて説明いたします。

当院ではくり抜き法という手法を用いて手術を行っております。(※ご参考:粉瘤(アテローム)手術について

また、くり抜き法では、トレパンという特殊器具を用いて行います。

くり抜き法は切開法にくらべ、傷跡が小さく患者様の負担も少ないというメリットがあります。

下の写真はくり抜き法で粉瘤のある皮膚に穴を開けた様子。中から膿が出ているのがわかります。

粉瘤・アテロームの手術症例(上腕・40代女性・20161021)2

トレパンにて切開したのち、ピンセットにて粉瘤を取り残しのないように慎重に摘出していきます。

特に粉瘤は取り残しがあると再発する危険性が高いため、丁寧かつ迅速に取り除きます。

※腕にできた粉瘤の症例はこちら:腕・手にできた粉瘤手術【症例画像】

傷跡の治りも早い粉瘤治療はアイシークリニックへ

くり抜き法は小さな傷で粉瘤を摘出することができるため、手術翌日からシャワー浴も可能で、傷は2〜4週間もすると目立たなくなります。

手術後の痛みもほとんど感じません(※痛み止めの内服薬を処方する場合もあります)。

アイシークリニックは、開院以来数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る