粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・2016/10/21)

腕の粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

腕にできたニキビは粉瘤でした

今回は20代女性の患者様の治療を担当いたしました。

腕にニキビができたと思い、しばらくそのままにされていたそうです。

しかし、いつまでたっても治らないので、不安に思い受診されました。

本例のように、ニキビと粉瘤を取り違えて放置されるケースは粉瘤手術においてとても多いと言えます。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・20161021)1

粉瘤は皮膚の垢が溜まってできた良性腫瘍です

ニキビと違い、粉瘤は自然に治ることはありません。

また、粉瘤はいつの間にか大きくなり、炎症をおこす場合もあります。

手術で摘出する必要があるため、気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めします。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

美しく素早い治療ならアイシークリニック新宿院

なお、顔や首・腕など、見た目が気になる場所の手術の場合、手術自体を躊躇されたり、不安に思うことが多くあります。

しかし、当院では数多くの粉瘤の手術を行っているため、患者様の疑問や不安にしっかりと答えたうえで手術を進めております。

また、アイシークリニック新宿院における、粉瘤の手術時間は約15分ほど。長い手術だと、患者様の不安感を仰ぐこととなってしまいます。

手術を疎かにすることは決していたしません。

ぜひ安心して治療を行っていただければと思います。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤の日帰り手術も可能な当院での治療

患者様の場合、炎症は起こしていなかったためすぐに手術で摘出することができました。

粉瘤手術のおおよその流れは以下のようになっています。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

当院ではくり抜き法という手法を用いて手術を行っており、この方法ではトレバンという特殊器具を用いて行います。

くり抜き法は切開法にくらべ、傷跡が小さく患者様の負担も少ないというメリットがあります。

※参考記事:粉瘤(アテローム)手術について

まず粉瘤手術では局所麻酔を患部に注射します。

痛みが不安な方もたくさんいらしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

当院では極細の針を使用しているため、痛みに配慮した局所麻酔となっています。

実際こちらの患者様も「予想していたより全然痛くなくて安心した」とおっしゃっていました。

私共も大変喜ばしく思います。

さて、麻酔が効いている事を確認次第、トレバンにて患部の皮膚を切開します。

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・20161021)2

トレバンを引き抜くと、中から粉瘤が出てきますので、まずは手を使って取り出します。

その後、再発のリスクを限りなく下げるためピンセットにて粉瘤を取り残しのないように慎重に摘出していきます。

術後のケアも万全な粉瘤治療

傷跡も小さく済んでいるのがわかるかと思います。

縫合の必要もないので、ガーゼを当ててです。

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・20161021)3

手術当日からシャワー浴も可能で、傷は1週間もすると目立たなくなります。

手術後の痛みもほとんど感じません。

術後1週間で再度ご来院いただき、状態確認

当院では経過を確認するために、手術後一週間前後に再度ご来院いただいております。

約1ヶ月ほどで、どんどん傷跡は目立たなくなっていきます。

傷跡が目立たないという点、当院には患者様から多くのお喜びの言葉が寄せられております。私共も大変嬉しく思います。

※豊富な腕の症例はこちら:腕・手にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療は、手術実績多数のアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院の医師は、数多くの粉瘤手術を行ってまいりました。

東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など日本全国から患者様がいらしています。

今回のような腕の手術でも傷跡を最小限にする「くり抜き法」で治療が可能です。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は、是非一度当院へご相談ください。

患者者様の立場になり、喜んでいただける結果となるよう、これからも精進してまいります。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る