粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・2016/10/19)

ひじにできた粉瘤手術のご紹介です。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

ひじに気になるしこりが…診察の結果、粉瘤でした

30代男性の患者様です。

ひじにできたしこりが気になりご来院されました。

見た目ではわかりにくい状態ですが、触ってみるとしこりが確認できました。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)1

診察したところ、粉瘤でした。

粉瘤は、ニキビやおできと間違われることが多くあります

しかし、ニキビなどと違って自然に治ることはなく、手術にて摘出する必要があります。

※参考記事:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤の治療は外科的な摘出手術が必要となります

放置しているとどんどん大きくなってしまったり、炎症が起きて痛くなってしまい、ある日病院に駆け込まざるを得なくなる・・・というケースも想定されます。

※参考記事:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤治療・手術はアイシークリニック新宿院

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニック新宿院では、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

手術の流れ 〜短時間で痛みの少ない粉瘤手術〜

当院ではおおよその場合、下記の手順で手術を行います。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ詳しく見ていきます。

極細の針を用いた局所麻酔

まずは局所麻酔です。

「注射が苦手」という患者様がたくさんいらっしゃいますがどうぞご安心ください。

当院では患者様の痛みに配慮し、極細の針を使用しています。

はじめはほんの少しだけチクっとしますが、「手術中は全く痛くなかった」「声をかけてもらって安心した」などお声をいただいています。

私どもも嬉しい限りです。

傷跡を最小化するくり抜き法による粉瘤手術

さて、今回の粉瘤の治療では、「くりぬき法」という摘出法で手術をさせていただきました。

「くりぬき法」は切開法よりも傷が小さく短期間で治すことができます。

くり抜き法では、トレバンという特殊な器具を用いて穴を開けた後、粉瘤を取り残しのないように細心の注意を払い摘出していきます。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)2

粉瘤は取り残すと再発の危険があるので、手とピンセットを使って優しく取り出します。

術後の様子と注意点

下の写真は術後の様子です。

丸い小さな穴が空いていることがわかります。

粉瘤・アテロームの手術症例(ひじ・30代男性・20161019)3

今回のケースでは、傷跡も小さく済みますので、縫合の必要はなく、2〜4週間ほどで傷跡もきれいになっていきました。

シャワーは当日から可能です。患部を清潔に保てるように優しく洗ってください。
※アイシークリニック新宿院では手術後の経過をみるため約1週間後に再度受診していただいております。

粉瘤治療は、手術実績多数のアイシークリニック新宿院へ

アイシークリニック新宿院が行う「くり抜き法」による粉瘤治療は、全国の患者様から支持されており、手術実績も非常に多く積みあがってまいりました

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。

東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

粉瘤でお困りの方は是非一度ご相談ください。

皆さまが納得・満足していただけるよう丁寧に治療させていただきます

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る