粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・2016/10/4)

腕の周囲にできた粉瘤の手術治療についてご紹介します。

画像を交えながら、来院から、手術内容、術後ケアまで詳しくお伝えいたしますので、治療の参考にしていただければ幸いです。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

腕にできた大きなしこり、粉瘤でした

インターネットで検索し、ご来院

20代女性。上腕のあたりにできた大きなしこりに気がつき受診されました。

痛みはなかったため大きくなるまで粉瘤であることに気がつかなかったそうです。

なかなか治らないため、インターネットで調べ、ご来院を決めたそうです。

診断結果は「粉瘤」でした。

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・2016104)1

粉瘤に関する、よくある勘違い

粉瘤はいつの間にか大きくなっていることがあります。

そして、大きくなるまで放置をしてしまう方が少なくありません。

なぜ放置してしまう方が後を絶たないのでしょうか。

粉瘤に関するよくある勘違いには、次の3つのようなものがあります。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、ニキビ、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

※ご参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自然に治るもの?

粉瘤は自然に治りませんので、必ず摘出する必要があります。

※ご参考:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

粉瘤治療はアイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、出来るだけきれいに治る手術法を採用しております。

不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

腕にできた粉瘤も日帰り手術が可能

今回のケースでは、少し赤くなり始めていましたが、炎症は起こしていなかったためすぐに手術で摘出することができました。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、一度細菌が入ると、炎症を起こし腫れて痛みを伴うことがあります。

そうした症状を引き起こす前に早めの受診をおすすめいたします。

※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは?

粉瘤手術の流れ

当院ではおおよその場合、下記の手順で手術を行います。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

それぞれ詳しく見ていきます。

極細の針で局所麻酔の痛みなし

粉瘤手術においては、まず局所麻酔をします。

手術は局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはありません。

時間も15分程度と短時間で済むことがほとんどです。

注射に苦手意識のある患者様が大勢いらっしゃいますが、どうぞご安心ください。
アイシークリニックでは、極細の針を使用しているため、最小限の痛みに留められます。

皆さん、苦痛を感じることなく、注射を終えられていらっしゃいます。

麻酔は、ほんの数十秒で効いてきますので、その間お待たせすることはなく、スムーズに作業が進められていきます。

「くり抜き法」を用いた、患者様の負担の少ない手術

当院では粉瘤の摘出手術にくり抜き法をいう方法を用いています。

この「くりぬき法」は皮膚を切開しないため、早期治癒ができるメリットのほかに、可能な限り傷跡を最小限にすることができ、傷痕を目立たなくすることが可能なのです。

くり抜き法はトレパンという特殊な器具を用いて行います。下記の写真がその手術の様子です。この緑色の器具がトレパンです。

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・2016104)2

当院では粉瘤の治療を「切開法」ではなく、患者様の負担の少ない「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

この「くりぬき法」は、切開するよりも傷が小さく患者様の負担の少ない手術として、患者様から大変ご好評いただいております。

粉瘤を丁寧に摘出

粉瘤・アテロームの手術症例(腕・20代女性・2016104)3

摘出の際は、取り残しのないように慎重に行っていきます。

粉瘤は取り残しがあると再発する可能性を持っているので取り残しがないか入念に確かめます

今回の傷口は大変小さくすることができたので、縫い合わせる必要はありませんでした。

※その他腕の粉瘤症例はこちらから:腕・手にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニックへ

アイシークリニックが行う「くり抜き法」による粉瘤治療は、全国の患者様から支持されており、実績も数多く積みあがってまいりました。

実際に、新宿というアクセスのしやすさからか、東京23区内外から多くの患者様がご来院されます。
東京都内、代々木、外苑、四谷、神田、上野、渋谷、六本木、恵比寿、広尾、中野、池袋、豊洲、品川をはじめ、埼玉、大宮、横浜、千葉といった関東近郊など。
先日は、北海道より当院へお越しいただいた方もいます。

今回のような腕をはじめとした、顔や首などの治療が難しい箇所にできた粉瘤も、傷跡を最小限にする「くり抜き法」で治療が可能です。

粉瘤(表皮嚢腫・アテローム)でお困りの方は、是非一度当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る