粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・40代女性・2016/11/21)

脇腹にできた粉瘤治療についてご紹介します。

ブログにご協力いただきました患者様に心より感謝申し上げます。

脇腹にできたおできは、粉瘤

今回ご来院されたのは、40代女性の患者様です。

脇腹にできたおできが治らないため不安に思いご来院されました。

少し膨らんでいることがわかります。

診察の結果、粉瘤であることが判明いたしました。

粉瘤について詳しく知りたい方はこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・40代女性・20161121)1

粉瘤のほとんどが初めはニキビかオデキかと勘違いされます

しかし、しばらくたっても治ることもなく、逆に大きくなったり、赤く腫れてきて初めて粉瘤だとわかることが多いです。

粉瘤とニキビの違いについて詳しくはこちら:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

また、粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然治癒はしないため手術での摘出が必要。

粉瘤の治療法については詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)の治療法

早ければ早いほど、傷跡も小さく済みますので、気になる症状がある場合、早期の受診をお勧めいたします。

顔や首など見た目が気になる部分の手術も当院は多数の経験・実績がございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

傷跡が気になる場所の粉瘤

当院では、粉瘤の手術法として切開法ではなくくりぬき法を採用することにより、患者様にとって精神的にも肉体的にもご負担の少ない治療を行っております。

くり抜き法と切開法の違いや詳しい手術法について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

くり抜き法の手術の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

くり抜き法の場合、傷跡も小さくきれいに仕上がります

また、手術は局所麻酔を使用しますので、手術中の痛みもありません。

本症例の場合も、麻酔がしっかり聞いていることを確認した上でくり抜き法を行いました。

くり抜き法では、トレバンという特殊器具を用いて切開の後、粉瘤の袋から角質を取り出していきます。

角質や膿を取りきった後に、粉瘤の袋の摘出も行います。

粉瘤の袋(嚢胞と呼ばれます)を全て摘出しないと、粉瘤は再発する危険性があるため、手やピンセットを使って優しく取り除きます。

術後の傷痕も最小限に

下図は、手術直後の様子です。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・40代女性・20161121)2

傷もとても小さく済んでいることが分かります。縫合の必要もありません。

手術はガーゼをあてて終了となります。

手術当日からシャワーは可能です。患部を清潔に保てるよう優しく洗ってください。

当院の手術の場合、術後2〜4週間で傷痕がほとんどわからなくなるケースがほとんど。

こちらの患者様も再診にご来院された際には傷痕もすっかり治り、安心して帰宅されました。

豊富な腹部・脇腹にできた粉瘤の症例はこちらから:腹部にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック新宿院

アイシークリニック新宿院では、患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る