粉瘤・アテロームの手術症例(お腹・20代男性・2016/11/14)

今回はお腹(脇腹)にできた粉瘤の手術でした。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

かなり巨大化した、お腹の粉瘤

20代男性の患者様。

腹部にできた粉瘤の手術をご希望されてのご来院でした。

粉瘤は良性の腫瘍ですが、自然に治癒することはなく、摘出手術を必要とします。そのままにしておくと、次第に大きくなり炎症を起こすこともあります。

※粉瘤について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・20161114)1

患者様の場合、かなり大きくなってしまっている状態でした。

さて、粉瘤治療でご来院される方には、「痛みがひどいため、すぐに手術をしてほしい」と仰る方が少なくありません。

なぜ、そのような状態まで放置してしまう方が多いのでしょうか?

粉瘤に関するよくある勘違いには、次の3つのようなものがあります。

粉瘤を「できもの」や「ニキビ」と間違える

単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、放置する例です。

ある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込むことになりかねません。

※ご参考:粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤は自然に治るもの?

粉瘤は自然に治りませんので、必ず摘出する必要があります。

※ご参考:粉瘤(アテローム)の治療法

粉瘤は自分で潰しても大丈夫?

自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください。

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。

※ご参考:炎症性(化膿性)粉瘤とは

安心できる粉瘤手術はアイシークリニック

繰り返しになりますが、粉瘤は自然に治らないうえ、次第に大きくなっていきますので、早めの受診が肝心です。

アイシークリニックでは、傷跡が目立ちにくく、きれいに治る手術法を採用しております。不安に感じる部分も丁寧にご説明させていただきます。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

くり抜き法という粉瘤手術の方法

当院では粉瘤の治療を切開法ではなく、「くり抜き法」という摘出方法で手術を行っております。

「くり抜き法」は、切開するよりも傷が小さく行える摘出方法です。そのため患者様への負担を最小限にすることができます。

流れは以下のようになります。(※より詳細にはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

手術前に局所麻酔を使用することで、痛みをまったく感じることなく手術を終えることができるのです。

傷痕を最小限にできる当院の技術

当院は、トレパンという専用器具を使用し、粉瘤を摘出していきます。

この際、麻酔が効いているため痛みはまったくありません。ご安心ください。

トレバンにて切開したあと、取り残しのないように慎重に粉瘤を取り出していきます。ここで取り残しが少しでもあると、再び粉瘤ができる可能性があるためです。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・20161114)2

術後は、傷跡も小さいため、縫合の必要はありません。ガーゼを当てて終了となります。

1週間後に、経過観察のため再度来院していただきます。

※その他腹部にできた粉瘤の症例はこちらから:腹部にできた粉瘤手術【症例画像】

負担の少ない粉瘤治療は、アイシークリニック

アイシークリニック新宿院では患者さまの負担を最小限とした治療方法をご提案いたします。

粉瘤でお困りの方は是非一度当院へご相談ください。

表皮腫瘍・表皮嚢腫の治療を多くおこなっている医師が丁寧に診察いたします。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る