粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・30代男性・2016/10/17)

お腹にできた粉瘤手術治療についてご紹介します。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

お腹にできた大きな粉瘤を摘出

今回、治療をご希望されたのは30代男性の患者様です。

数か月前からしこりのようなものができていたそうです。

痛みやかゆみもなかったことから、特に気にすることもなくそのままにしていたところ、気が付くとかなり大きくなってしまい、ご相談に来られました。

粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・30代男性・20161017)1

「粉瘤」とは、皮膚の下にある皮下という組織に何かの原因により袋状の嚢腫ができた状態をいいます。

そこに角質や脂が蓄積していくことで粉瘤は少しずつ大きくなっていくのです。

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)とは

粉瘤は良性腫瘍ですが、自然治癒しないため、手術での摘出が必要です。
そのままにしておくと、大きくなっていくだけでなく、炎症を起こす場合もあります。

気になる症状がある場合は、早めの受診をお勧めいたします。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

粉瘤のくり抜き法による手術とテーピング

摘出する部位をマーキングし、手術を開始します。

そして、「くりぬき法」といわれる摘出方法で粉瘤を取り除いていきます。

粉瘤は全てを摘出しないと再発の可能性がある皮膚良性腫瘍。

そのため、丁寧かつ的確に治療を行い再発予防に努めています。

まずは局所麻酔を行います。極細の麻酔針を使用するなど、当院では痛みに配慮した治療を行っております。

麻酔が効いていることを確認したらあと、トレパンという特殊な器具を用いて穴をあけ、そこから粉瘤を取り出します。

※くり抜き法について詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

粉瘤・アテロームの手術症例(腹部・30代男性・20161017)2

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き

トレパンで穴を開けたら中から出てきた粉瘤を手やピンセットを用いて取り出します。

写真は手術直後の写真です。

このあと、ガーゼを当てて手術は終了となります。

1週間もすると赤みは次第に消え、数週間〜数ヶ月の流れで傷跡は目立ちにくくなっていきます。

※お腹にできた粉瘤症例について詳しくはこちら:腹部にできた粉瘤手術【症例画像】

粉瘤治療はアイシークリニック

アイシークリニックでは粉瘤をはじめ、様々な皮膚に関する治療をおこなっております。

表皮嚢腫・表皮腫瘍・粉瘤の治療をするため全国各地より患者さまがご来院されます。

粉瘤でお困りの方は一度是非ご相談ください。スタッフ一同お待ちしています。

監修者

  • 東京大学医学部医学科卒業
  • 東京大学医学部附属病院勤務を経て、2014年10月〜当院治療責任者

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医

アイシークリニック
診療予約・お問い合わせ

粉瘤の料金や副作用、リスクに関する注意書き


カテゴリーから症例紹介を探す

関連する粉瘤の他の手術症例



お電話での
予約はこちらから
トップへ戻る