粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・2016/10/5)

脇腹にできた粉瘤の摘出手術の様子を画像を交えてお伝えします。

ブログにご協力して下さった患者様に心より感謝します。

気になる粉瘤を日帰り手術で除去

30代男性患者様、脇腹にできた粉瘤の治療をご希望されました。

下の写真は手術前の粉瘤の写真です。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・2016105)1

アイシークリニックでは日帰り手術をおこなっており、粉瘤(アテローム)は「くり抜き法」で手術を行うことができます。

この男性患者様もくり抜き法で治療を行いました。

くり抜き法は専用のトレパンという器具を使用し、粉瘤を取り除く治療法で、切開法に比べて傷が小さくすみますので、目立たない傷跡をご希望の方にもお勧めの摘出方法になります。
また、患者様の負担も少なく短時間で行うことができます

詳しくは「粉瘤について」を参照のこと

くり抜き法の手術で最小限の傷痕にこだわり

くりぬき法の流れは以下のようになります。

  1. 局所麻酔
  2. くり抜き法を用いた施術
  3. 粉瘤の取り出し
  4. 縫合またはガーゼ

※詳しくはこちら:粉瘤(アテローム)手術について

手術前には、局所麻酔を行います。

麻酔をかける際も痛みがあるのかご不安になる方もいらっしゃるでしょうが安心してください。極細の麻酔針を使用しますので、麻酔をかける時の痛みはほんのわずかなものです。

手術中は麻酔がよく効いた状態で行うため全く痛みを感じることはありません。

下の写真はトレパンを使用したくり抜き法の様子です。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・2016105)2

痛そうに見えるかもしれませんが、麻酔が効いているため痛みは感じません。

また、局所麻酔のため患者様とコミュニケーションをとりながら進めてまいりますのでご安心ください。

粉瘤・アテロームの手術症例(脇腹・20代男性・2016105)3

穴をあけた後は、ピンセットにて丁寧に粉瘤を取り出します。

取り残しのないように、慎重に行います。

術後の傷跡もかなり小さく済み、縫合の必要はなかったため、ガーゼを当てて終了です。

手術後は1週間後に再度受診していただき傷の経過を見ます。

※その他腹部の粉瘤症例はこちら:腹部にできた粉瘤手術【症例画像】

くり抜き法の粉瘤手術ならアイシークリニック

くり抜き法で治療をされた方のほとんどが術後も思っていたよりも全然痛みを感じなかったと話される方が多いです。

さらに、当院は新宿駅から徒歩3分というアクセスの良さからも多くの患者さまにご来院いただいております。
これまでご来院された方々はアクセスの良さからも東京、品川、渋谷、池袋、上野、蒲田、中野、赤羽、北千住、錦糸町、吉祥寺、立川、八王子、町田、千葉、小田原、大宮、熊谷、秋葉原、川崎、浦和、川越といったさまざまな場所からご来院されました。

粉瘤、脂肪腫、リポーマなど皮膚科治療・形成外科治療をご希望の方は是非当院へご相談ください。

アイシークリニック新宿院
診療予約・お問い合わせ



カテゴリーから症例紹介を探す



タッチしてお電話ください 0120-780-194 24時間365日対応
トップへ戻る