粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違い

粉瘤と尋常性痤瘡(ニキビ)の違いについて解説しているページです。
見た目が似ていることから、ニキビとよく間違われる粉瘤
しかし、ニキビと粉瘤は、症状や原因から治療法まで全く違います
本ページにて両者を見分けるためのポイントもお示ししておりますので、是非ご参考ください。

※ご来院をご希望の方は、お電話(0120-780-194)もしくはお問い合わせフォームよりご予約いただきますようよろしくお願いいたします。

本ページの目次

※ニキビは正式名称は尋常性痤瘡ですが、専門用語のため、以下ではニキビに統一させていただきます。

粉瘤とニキビは似て非なるもの。その違いは?

粉瘤とニキビの違い

粉瘤は、初期症状としては皮膚の下にしこりが見られることにとどまります。そのため、初期の粉瘤は自覚されることがあまりありません。一方で、炎症を起こすと赤く腫れあがる場合があるため、ニキビと間違われることが多い疾患です。

しかし、医学的にニキビと粉瘤は全く異なるもの

そこで、まずは粉瘤とニキビの違いについて、症状や原因、好発部位の観点から簡潔にご説明します。

ニキビは「毛穴が詰まって起こる炎症」

ニキビは、毛穴の奥にある皮脂腺からの皮脂の分泌が亢進したり、毛穴が詰まったりしたことで感染を起こして赤く腫れてしまう病気です。

ニキビの症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、毛穴にたまる
  • 毛穴に皮脂が酸化して黒くなる
  • 毛穴が炎症を起こして赤くなったり痛みを伴ったり、膿が溜まったりする

毛穴が詰まっただけの状態から炎症を発生させる、つまりニキビの原因となるのが、お肌の常在菌のアクネ菌

アクネ菌は「嫌気性」と呼ばれる細菌で、酸素のない脂腺の奥に生息し、毛穴に溜まった皮脂を栄養として増殖することで炎症を発生させるのです。

また、ニキビができるのは毛穴の中なので、顔だけでなく、全身の毛穴のある場所にできます。

特に、皮脂をつくり出す皮脂腺が多い部分ができやすい場所、例えば顔であれば「額」・「鼻」・「あご」にかけての「Tゾーン」は皮脂分泌が特に多く、他の部位に比べてニキビができやすいと言えます。

粉瘤は「皮下に袋ができる良性腫瘍」

ニキビが毛穴の下の感染であるのに対して、粉瘤は皮下に嚢腫(粉瘤の袋)が出来てしまう皮下腫瘍であり、全く異なります。

粉瘤の初期症状としては、皮膚の下にしこりが見られることにとどまり、皮膚表面上には症状が現れないことが多いため、自覚されることがあまりありません。しかし、炎症を起こすと赤く腫れあがることから、ニキビと間違われることが多いことは先に述べたとおりです。

しかし、巨大化すると数十cmになることもあるのは、ニキビとは大きく異なる点です。
袋の中で角質や皮脂がどんどん溜まっていくため、時間の経過とともにどんどん大きくなってしまうのです。

ただし、粉瘤ができる原因はまだ全てが解明されているわけではありません。
一部の症例では、ヒトパピローマ(乳頭腫)ウイルスの感染や外傷が原因ということがわかっています。外傷の場合は、表皮の成分が傷の中に埋め込まれることによって粉瘤ができます。
特に、粉瘤が多発する場合は、生まれながらの体質が原因のこともあります。

また、粉瘤は皮膚が存在する部位であればどの場所にも発生しますが、比較的多いのは、顔面(かお)や背部などです。

※参考ページ:粉瘤とは

粉瘤? ニキビ? 見分けるためのポイント3点

粉瘤とニキビの原因や発生場所が違うことがわかったところで、見分け方についてご説明します。

ポイント1:できものの開口部に黒い点がある

炎症を起こしていない粉瘤の場合、粉瘤のへそ(開口部)と呼ばれる黒い点が皮膚上に見えることがあります。

開口部は固まった老廃物でふさがっていることが多く、へそのように黒い点に見えます。

ポイント2:明らかにニキビの大きさを超えている

先ほど述べたように、粉瘤が大きくなると10cmになることも。

明らかにニキビの大きさではありませんので、粉瘤を疑ってください。

ポイント3:臭いがある内容物が出てくる

粉瘤のしこりの中身は主に赤などの老廃物なので、粉瘤から独特な臭いを感じる場合もあります。

ニキビにも共通して言えますが、自力で治そうとして指で押しつぶすとそこから雑菌が入り、炎症・化膿の原因となります。

粉瘤が感染を起こすとニキビのように赤く腫れたり痛みを伴うため、非常に症状が類似することになります。(※詳しくは「炎症性粉瘤」の解説をご参照ください)

したがって、潰して悪化してしまう前に専門医療機関に相談しましょう。

アイシークリニックにWebで相談する
アイシークリニックに電話で相談する(0120-780-194)

ニキビと粉瘤、その治療法の違い

ニキビは内服薬と外用薬やレーザーなどで治すことができます。

一方、粉瘤は嚢腫(粉瘤の袋)を外科的手術で取り出さないと治りません。

これが、治療法の面での大きな違いとなります。

ニキビだと思って治療はしたものの、何度も再発する場合、大きく腫れたり匂いのある内容物が出てくるような場合などは、一度粉瘤専門のクリニックで相談すると良いでしょう。

なお、粉瘤治療の診療科は「皮膚科」「形成外科」「美容外科」などが勧められることが多いですが、1度で根治させ、かつ、目立たない傷跡を求めるなら「形成外科」にかかることをお勧めします。

また、形成外科が信頼できるかどうかの一つの基準は、日本形成外科学会が認定する「専門医」が在籍しているか否かです。(※「粉瘤の診療科」をご参照のこと)

安心の粉瘤治療なら、アイシークリニック新宿院

当院は、患者様に最適で負担の少ない医療を提供するクリニックです。

とりわけ、患者様の不安を取り除くため、患者様に適した手術方法を選択するため、患者様にしっかりと手術のご説明をするために、当院では、当院からのご説明を含めた「診察」の工程を非常に大切にしています。(→当院の手術の流れはこちらをご覧ください

「ニキビか粉瘤かはっきりさせたい」「粉瘤の場合は即日手術したい」といったご要望も、丁寧にお聞きします。

粉瘤治療をご希望の方は、形成外科専門医の在籍はもちろん、症例も豊富な当院に是非お越しください。

トップへ戻る